ローンと聞くと車のローンや住宅ローンが頭に浮かぶという人が多いでしょう。

必要になるお金が高額なため、金融機関からお金を借りて購入に充て、借金は分割払いで返済していくという商品になります。

こういった目的のあるローンとは別に、用途は自由に借り入れできる商品「カードローン」があります。

上記で挙げたローンとは異なり、借り入れる金額が決まっておらず、限度額以内で何度でも繰り返し借り入れできるのが特徴です。

カードを発行して金融機関のATMまたは提携しているコンビニエンスストアのATMから現金を引き出して借り入れします。

一見クレジットカードのキャッシュ機能と似ているように見えますが、クレジットカードとは返済方法が違い、毎月定額ずつ返済するリボルディング払いとなっています。

カードローンを発行し所有しておけば、急にお金が必要となった時にATMに行ってお金を借りることができるのがメリットです。

クレジットカードよりも金利が低いので、カードでお金を借りることの多い人にはおすすめの商品でしょう。

総量規制という法律により借入限度額は年収の3分の1以下です。

発行は銀行または消費者金融で行っています。

銀行と消費者金融では審査の通りやすさや金利などの特徴が少しずつ異なりますが、カードの発行しやすさで言えば消費者金融がおすすめです。

大手の銀行系消費者金融ならば信頼できる会社で、金利も低めになっているので初めてお金を借りる人でも安心して利用できるでしょう。