給料日前にお金がピンチと言った時に便利な現金調達手段がカードローンです。

私の場合、単身赴任で妻とは生活の本拠を別にしています。

しかも給料が振り込まれる口座のキャッシュカードは妻が握っているのです。

月々の生活費は給料日に妻から私の別の個人口座に振り込んでもらっていますが、給料日前にはお金が足りなくなります。

妻からは、生活費として足りるだけのお金はもらっているのですが、飲み会が入ったり、部下にご馳走したりするとどうしてもお金が不足してしまうのです。

このような飲みごとのお金までは妻は用立ててくれません。

しかし、交際費は必要経費な上に馬鹿にならない出費になりますので、その分は何とかしないといけません。

お金が足りないときのショッピングの決済手段として便利なのはクレジットカードによる支払いですが、使用明細が妻のところに行くのがあまり嬉しくないのです。

というのは、何に使ったかがばれてしまうと無駄遣いをしているなどとお小言をもらう可能性があるからです。

そこでカードローンを使って現金を入手し、現金支払いにすれば妻にばれてしまうことはありません。

お金を借りた明細が妻のところにばれるかというと、給料日に妻から振り込んでもらったお金を使って繰り上げ返済をすれば知られることはありません。

利子は若干かかるものの、困ったときに簡単にお金が借りることができ、お金が出来れば随時返済ができるカードローンはとても便利だと思います。